++ うららの里のブログ ++


情報発信は終了しますが、備忘録としてブログを残します
by hal_urara
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ケニアのお話とアフリカンコンサート

どうぞみなさん いらしてください!

早川千晶さんを 浦河へお招きして
スライドをみながら ケニアのお話をしていただきます。

http://keepmusic.exblog.jp/i4

ケニア・ナイロビ在住21年のライター。 1966年福岡生まれ。
世界放浪の旅の後、ケニアに定住。 旅の企画や撮影コーディネーターを手掛けた後、
フリーライターにり、現在は執筆活動のかたわら、ナイロビ最大級のスラム・キベラで、
孤児・元ストリートチルドレン・貧困児童のための駆け込み寺「マゴソスクール」
の運営(生徒数304人)、スラム住民の生活向上プロジェクト、リサイクル運動、平和運動、
大自然体験ツアー、マサイ民族のコミュニティと共に行うエコツアー、フェアトレード促進活動など
幅広い活動をなさっているそうです。

ケニアのスラムの子ども達がかわいそう~~~~ という
そういうお話が聞きたいわけではありません。

確かに現状は悲惨でしょう。。。 私はよく知りませんが。。。
そんな地域に定住してくらす早川さんは 何をご覧になっているのか
ぜひお話を お聞きしたいと思って居ます。


 手作りのアフリカンドラムで活動している 山北君彼のブログで
「・・・見ているうちにキベラの住人がまるで自分の知り合いか友人のような錯覚を覚える。
過酷な状況の中で人間らしく力を合わせ強く生きようとする人たちの姿に感動した。
日々の自分の抱えている問題がかなりちっぽけに感じてくる。・・・・」 と書いています。

早川さんの語りに 同行する近藤ヒロミさんのンビラの音がすばらしいそうで、
(ンビラ=親指ピアノ)どうぞ お楽しみに!! ^^


■ 日時  平成21年11月9日(月)  18:30~
■ 場所  浦河町 総合文化会館 地階 ミニシアター
■ 入場  無料 
■ 主催  浦河町教育委員会

◇ 早川さん関係の WEB
[マイシャ・ヤ・ラハ基金] : http://www.maisha-raha.com
[ウペポ~アフリカの風ネットワーク] : http://homepage2.nifty.com/upepo/
[アフリカスタディツアー] : http://tabisen-tsunagu.orio.jp/africa_studytour
[カテンベ救済基金] : http://keepmusic.exblog.jp/


※  翌 11月10日(火) 19時~  早川さんと同行する3人のメンバーによる
アフリカンコンサートが 行われます!
こちらにも ぜひ いらしてください!!!



メンバー紹介 

◇ 早川千晶 
◇ 大西匡哉(おおにしまさや) プロフィール◇

 1974年生まれ。神奈川県出身。パーカッショニスト。ケニア在住6年目。
 ジェンベを独学、ストリートミュージシャンとして日本全国のファンを引き付けてきた。
 藤沢出身のジャムロックバンド「らぞく」に新しい風を吹き込んだパーカッショニストとしても活躍。
 2004年からケニアのミジケンダ・グループに属するドゥルマ人の村で、伝統音楽家
 スワレ・マテラ・マサイ氏に師事し、センゲーニャと呼ばれる伝統音楽の修行を続けている。
 2004年11月、アフリカの伝統音楽家とそのコミュニティをサポートするためのプロジェクトJIWEを設立。
 知られざる伝統音楽の発掘、CD制作、音楽を通じての村おこしに取り組んでいる。
 2005年6月、CD「センゲーニャ~東アフリカの伝統音楽 ドゥルマ・ディゴ・ラバイ」、
 「TWENDE NYUMBANI~キベラスラムの歌声 Vol.1」をリリース。
 2006年2月、「カテンベ救済基金」開始。
 2006年にCD「MILELE~キベラスラムの歌声 Vol.2」、
 2008年にCD「Tupendane~アイシアオウ!」、
 2009年にCD「MASAI~東アフリカの伝統音楽 マサイ」をリリース。
 2009年3月、早川千晶・永松真紀と共にドキュメンタリー
 「マサイのいま~伝統と変化のはざまで」の制作を開始。
 2009年4月、マゴソスクールの子どもたちと共に「マゴソTV!」の制作を開始。  


◇ 近藤ヒロミ(こんどうひろみ) プロフィール◇

 音楽家。沖縄在住。
 1959年、東京生まれ。東京芸術大学鍛金専攻科修了。
 1982年、スワヒリ語留学のためケニアへ。カリンバやアフリカ音楽と出会う。  
 ケニア、ウガンダ、タンザニア、ジンバブエなど約20カ国で6年間に渡って音楽の修業を積み、
 帰国後は東京で演奏活動を開始。1991年、CD「しおのみち」発表。
 91年末、沖縄に移住。カリンバ工房「タピワ」設立。本格的にソロ活動を開始する。
 1993年、民族楽団「ディンカ・ドゥンク」結成。
 1997年、女性3名のユニット「アマナ」のメンバーとなる。
 現在は2つのバンドのほか、ジャズ、沖縄民謡とのセッション、ソロ活動などを精力的に行い、
 日本全国でムビラ、カリンバ、タイコ、笛を駆使した楽しいライブを繰り広げている。
 参加CD 「ディンカドゥンク」、「しおのみち」、「アマナ」、「OASIS」
 ソロCD「TAPIWA~おくりもの」
 http://home.att.ne.jp/iota/mbira/hiromi.html

◇ 山北紀彦(やまきたのりひこ) プロフィール◇
 
 東京都出身、北海道檜山郡在住のアフリカ太鼓奏者。
 北大水産学部に在学中の1992年、旅行先のカメルーン共和国で
 木をくりぬいて作った太鼓の魅力に取り憑かれ、帰国後北海道のカバノキとエゾシカの皮で
 太鼓を自作し演奏活動を開始。
 同大大学院在学中の1997年、「モスバーガー地球遊学生」としてケニア共和国に渡航、
 太鼓のリズムを学ぶ。以来プロ活動に入る。
 2000年はケニア人音楽家と、2001年はセネガル人音楽家と「SAFAIKO」を結成。
 2002年、ジンバブエ人音楽家とともに、北海道アフリカネットワーク主催の
 北海道ツアー「ハランベ2000」を行う。
 2001年、ケニアの先駆的ダンサー・オンディエゲ氏率いるダンスグループのリードドラマーを務め、
 独自のリズムを駆使してアフリカンダンサーと共にステージを作り上げ喝采を浴びる。
 歌手の白井貴子、遠藤ミチロウ、モンゴル音楽の嵯峨治彦、
 タンザニアの親指ピアノ「イリンバ」奏者のサカキマンゴー、
 シンガーソングライター・SHIBA(シバ)、奄美シマ唄・坪山豊、朝崎郁恵、
 アイヌ弦楽器トンコリ奏者・音楽プロデューサー・OKIなど、共演も多い。
 最近はバラフォン(木琴)を自作し好評を得ている。  

 山北紀彦[音工房つちのうえ]
 http://www.k5.dion.ne.jp/~yamakita/
 山北紀彦 BLOG
 http://brown.ap.teacup.com/tsuchinoue/

※ 今回の北海道ツアーの予定は 以下の通り

 11/6 余市 
 11/7 札幌
 11/8 帯広
 11/9・10 浦河
 11/11 千歳
 11/13・14 伊達
 11/15 函館
 11/16 厚沢部
 11/17 白老   
[PR]
by hal_urara | 2009-11-08 21:33 | イベント情報

検索

最新のトラックバック

LIVEさらべつ LA天..
from うつつの旅といにしえへの旅
(雑記)「新ひだか町」が..
from * COUNTRY HOUS..
大黒座映画情報
from ねこや食堂日記
モヒカーノラテンジャズ四..
from ねこや食堂日記
「時には昔の話を」極上名..
from 音楽室からのたより〜名作フラ..

ファン

ブログジャンル

画像一覧